「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

西村情熱大陸

nisimu.exblog.jp

一人の熱い男の物語である。

<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

マッサージを50分くらいうけた僕は思いっきりそのまま寝てしまいました・・・。

はっと目が覚めると深夜3時・・・(やってもうた!)と心で思いました。
夜8時~深夜1時くらいまでショーやバーがあいていると聞き、いこうと決めていたのに・・・
寝てもうた。かなりショックでした。

もうひと眠りとはいかず、目が覚めてしまったので温泉にでもつかろうと思い、大浴場へ・・・。
道中、感心したのはエレベーターです。はじめはエレベーターが来たときに音が鳴っていたのですが深夜になると点滅だけでした。(考えてるな~)と思いながら(誰も気づかないかな)なんて思いながらも足を進めていきました。

深夜の加賀屋は夕方とは大きく違い、とても加賀屋とは思えない雰囲気でした。静かだった・・・。大浴場にいくとさすがに誰もいないだろうなと思いきや、僕を含め3人いました。
(みんな僕と同じかな)と思いながらも一人露天風呂へ・・・。

外は真っ暗、日本海はまったく見えずなんとも静か・・・寂しい感じはなぜかせず、色々考えていました。ゆっくりつかったあと少しだけ、深夜の加賀屋を探検しました。
本当に色々楽しめるところがあり、(寝るんじゃなかった・・・)と再度おもいながらあまり徘徊しているとあやしいかなと思い、部屋に帰りました。

布団に入り、また考えているうちに知らない間に寝ており仲居さんに起こされました。次の日は輪島にいこうと思っていたので早めに起こしてもらうようにたのんでいたのです。
朝7時起床、仲居さんにお風呂でも行ってきて目をさましたらいかがですかと言われ、そのまままた大浴場へ・・・。

今度は人がたくさんいました。朝からサウナで汗をかき、部屋に帰ると朝食の準備が整っていました。また朝食がうまいのなんの!特にのりがいい香りをだしており魚も網で焼き、こんな朝食ははじめてだ!と思いながらお腹いっぱいでした。

あと、この日は朝から降水確率が90%!まじか~と思いながらも輪島ルートを仲居さんに聞くと高速バスしかなく和倉温泉からは2本しかでていないそうです。時間も中途半端でじゃータクシーは貸しきったら3時間2万円といわれました。僕は能登半島のはしっこにあるなんだかサスペンス劇場にでてくるような崖をみたかったのですが片道2時間半といわれ断念しました。

あとから知ったのですが自殺の名所?もあったみたいで勘違いされなかったかなと少し思いました。じゃー雨も降ることだし帰ることに決めました。電車の時間を変更したいと思っていたら仲居さんが(かわりに行って来ましょうか?)と一言。待ってました、といわんばかりに(お願いします。)と頼み、代わりに行ってもらいました。片道2~3キロは離れていると思うのですが心遣いに感動!待っていた僕もいやらしいですが・・・。

その間、加賀屋でゆっくりし電車にのって帰りました。
はじめての一人旅、高かったけどいろいろ勉強になったし考えることができました。
格安旅行もそれはそれでいいのですが高級なところでの1泊もそこでしか味わえないものをなにか感じました。
ただ今回は加賀屋のハード面に圧倒され、おもてなしを感じる余裕がなかったのも事実です。

次はさらに上の「特別階級 浜離宮」に泊まろうかな、皇后陛下などが泊まるところみたいですが・・・。一人ではちと広すぎるのでだれか誘ってきますわ。
皆さんも是非加賀屋へ一度行かれてみてはいかがでしょうか、きっと感動が待っていると思います。
                    jun
b0090468_1041582.jpg

[PR]
by nisimu-f | 2007-05-25 10:04
夕食の準備がはじまった。部屋での食事は移動がなくて楽です。
ドンドン運ばれる料理はおいしそうなものばかり!おなかすいていたので早く持ってきてみたいな感覚に陥りました。

そして一枚の「おしながき」がおいてあり中を見てみると今日のメニューがかいてありました。
箸染め 能登島産 絹水雲酢 前菜 さざえ○漬け(漢字読めませんでした)と読んでいくと18品の品が出てくるみたいです。そして最後に料理長と担当の名前が書いてありました。

どれがどれかわからないまま食べはじめました。和食自体そんなに食べに行かないのでかなり新鮮でした。    う、うまい・・・どの料理もデザイン、味を最高でした。
仲居さんからの説明もする前に食べてしまう始末で仲居さんから「説明しなくてもうしわけございません」なんていわれ、僕のほうこそ先に食べてすいませんと終始なごやかに食事がすすんでいきました。30分くらいでしょうか、おいしく食事をいただいていたら「失礼します。」と声がしました。

なんだと思いながら待っていると料理人のかたが部屋にきてくれました。挨拶をしてくれて「これから日本三大珍味のアワビと干くちこを炭火焼きをします」と説明されました。(そんなんしてくれんの)と思いながら待っていると料理人の方が話かけてくれました。
「干くちこ」はナマコの卵巣を何本も何本も重ね、陰干しにしてつくられています、この大きさでひとつ4000円くらいです。クッキーくらいの大きさぐらいですがこれが4000円!なんと高いことか。そしてナマコ20匹分だそうです。

味は・・・うまい!マジうまい!これがまたビールに合う。味わって食べていると料理人の方がまた話かけてくれました。仲居さんについ「加賀屋の本を読んだ」と話していたのですがその話題でもりあがりました。その方は加賀屋にきて6年目で修行中みたいでお互いがんばっていきましょうねとかいろいろ話しました。アワビもやわらかく磯のかおりがしてかなり大満足でした。

その後、まだ料理が運ばれてきて食べていると加賀屋にいて一番驚くことが起こりました。
なんと副支配人がわざわざ挨拶にきてくれたのです。これには本当にびっくりでした。
まっさか~と思いながら丁重に挨拶をしてくれ「遠方からお越しいただきましてありがとうございます」といわれ僕は照れながらも「いえいえくつろがしてもらってます」と返しました。もう恐縮です、感動でした。いちげんさんと思われてもいいのに挨拶にきてくれた、それはもしかして雪月花という特別な場所だから来てくれたのかどうかはわかりませんが本当に感動しました。

いままで泊まった旅館では一度も挨拶なんてありませんでした。はじめての経験にびっくりでした。夕食が終わり、また温泉に入って部屋にもどるとふとんが敷いてあり枕をみてみるとここでもびっくり、表と裏とでは硬さが違い「お好きなほうをお選びください」とメモがおいてありました。ちょっとしたことですが感動でしたね。

そのあとマッサージをたのんでおりあまりの気持ちよさについつい寝てしました。

              続く
[PR]
by nisimu-f | 2007-05-18 09:52
歩きながら約15分くらいだろうか・・・地元の人に道を聞きながら「昭和おもちゃ博物館」につきました。いきなり鉄人28号が見えてワクワクしながら中へ。

僕だけの貸切状態でした。懐かしのインベーダーゲームなど昭和を象徴するものがたくさんありましたが正直古すぎて(なつかし~い)みたいな感じにはなれませんでした。
b0090468_9364285.jpg

なんかで観たことがある光景だ・・・
CDもあり、ピンクレディーや石原裕次郎など見たことがないものがたくさんありました。
めんこ、古い紙幣、おもちゃなどなどたくさんあるのはわかったけど・・・懐かしむ感じにはなれずあっという間に終了!とにかく記念になぜかキュービック、ビー玉を買いました。

b0090468_9414254.jpg

そして博物館を後にし、足湯があると聞きその場所へいきました。
道中、加賀屋の寮を偶然にも通り、本で書いてあったように児童施設が設けられて(ここがあるから安心して働けるのかな)と思いながら歩いていきました。

足湯を探し、地元の交流をなんて思いながら期待していくと誰一人足湯にいるひとはおらず少し寂しかったです。とにかく足湯につかっていると温泉はいりて~を思い、足早に加賀屋へ。

鍵をもらって部屋につき、休憩をしているとベテランみたいな仲居さんがきてくれました。
自己紹介して食事の確認をしました(嫌いなのはカキとらっきょですね・・・)料理にはでないとわかっていたのですが改めて確認してくれて(ちゃんと書いて確認しているんだ)と思いました。

そして温泉にいき、ゆっくり足をのばしました。少し塩辛い和倉温泉・・・日本海を見ながら(最高だー)と再認識。温泉のデザインも新鮮で刺激になりました。

温泉を出た後に入口でビタミン補給のためオレンジジュースを配ってくれて感心。
さすが加賀屋!オレンジジュースで感動する僕も僕だが・・・。

そして夕食の準備が部屋で行なわれました。その後に更なる感動、照れ、刺激になるとは
思っていませんでした。
               続く
[PR]
by nisimu-f | 2007-05-15 09:59
皆さん、こんにちは、nisimuです。
さー今回お話する内容は「加賀屋」についてです。行ってきましたー、一人旅。
たまにはいいものだと感じましたし、色々考えることができて本当によかったです。

さて5/9から1泊2日で能登半島、和倉温泉加賀屋に行ってきました。行く道中に(今日は携帯を一切見ない)と心に決めており、完璧に何もかも忘れた旅にしていました。大阪発サンダーバードに乗り約3時間40分くらいかな、福井くらいで一面、畑の風景にはなぜかなつかしく(いい景色だ~)なんて思いながら電車に揺られていました。

和倉温泉駅に着き、家を出る前に送迎をお願いしていまして外に出ると「加賀屋」という旗を持って待っていてくれました。緊張しながらもバスに乗りいざ加賀屋へ・・・。
和倉温泉は1200年の歴史を持ち、簡単に僕から説明すると「高層旅館」でりっぱな旅館だらけでした。震災のおかげで和倉温泉全体で6万人のキャンセルがあったみたいです。

さてさて話をもどします。バスに揺られて10分くらいでしょうか、だんだんでかい建物が近づいてくるではないか!そして看板には「加賀屋」とかいており、とても歴史を感じてしまいました。
その写真です。
b0090468_23341112.jpg

バスから降りるといきなり衝撃が走ってしました。
なんと中から10人くらいでしょうか、さーーと現れて一列に並び、「いらっしゃいませ!」と一言。僕はおもてなしは正直受けた経験がないので改めておもてなしを自分が受けると恐縮してしました。そして間をおかずに男性のフロントの方が「西村様ですね」と名前をいってないのに声をかけてくれて感動~~。そのままフロントまで案内してくれて雪月花の場所を口にしました。周りはえ~みたいな感じを僕はうけました。一般的に雪月花という場所は特別みたいです。

仲居さんが案内をしてくれることになり、フロントを後にしようと思ったら今度は仲居さん、フロントの皆さんが一斉に「いらっしゃいませ」。完全に恐縮です・・・。なぜか照れる僕・・・。
そこからエレベータで16階まで移動。部屋に着くとなんと広い部屋でしょうか、完全に一人では使わない広さでした。

窓を開けて外を見てみるとなんとも絶景!一面、日本海が見えて言葉をうしないました。そこから見える夕日、(ここにきてよかった)と感じた瞬間でした。
b0090468_23462424.jpg

一息、椅子に座って休憩、すると仲居さんが生菓子を持ってきてくれました。朝から何も食べてなかった僕は夕食まで時間があったので近くにお店はないかと聞きました。
すると今はどこも休憩時間だからないかも・・・と言われ、腹減った~とへこんでいました。
すると仲居さんが「電話して聞いてきます。」といって部屋をでていきました。

後から聞いたら10件位に電話したみたいで1件だけ営業しているみたいで紹介してくれました。ここでも感動です。そしてやわらかい草履を貸してくれ、いざ腹ごしらえへ・・・。
外へでて歩いているとなんとも人があまりいないではないですか!なんでこんなに少ないのでしょうかというくらい人とはすれ違うことがなかったです。震災の影響か、はたまたGW明けだからか検討が付きませんでした。

紹介されたお店に入り、地元のかたとやっと会話ができました。暖かい印象をうけたのはいうまでもありません。観光場所も丁寧に教えてくれましたし、独特の方便がとてもよかったです。

そしていざ「和倉昭和博物館」へ・・・
                         続く
[PR]
by nisimu-f | 2007-05-13 23:59
皆さん、こんにちは、nisimuです。YAMATOさん、kiraさんコメントありがとうございます。
励みになりました。前向きな悩みなのでよく考えて答えだそうと思います。感謝!

さてもう少しで僕の人生初一人旅が始まります。といっても、1泊2日ですが・・・
「プロが選ぶ厳選旅館27年間ナンバー1」の加賀屋に行く日がちゃくちゃくと近づいています。
一度本で読んで(加賀屋の流儀)感動をし、実際体験したほうが早いと考え行くことにしたわけです。

そしてやっとアメックスが使える日がきました。近くの行くお店に何度も(アメックス使えない)といわれ、不機嫌になっていました(笑)
アメックスのトラベルサービスに連絡をして行き先を伝えたら後は勝手に調べてくれて切符を往復分家まで送ってくれました。しめに「いい旅を・・・」なんて言われてありがとうなんてかえしてしまいました。けっこう感動かな。

今回のたびは「命の洗濯」と題して普段の疲れを癒すのと最高級の加賀屋でおもてなしの勉強と今後についてじっくり考えるのが目的です。あとは観光に行こうかな、色々あるみたいだから・・・。

何か決断できればいいのですが疲れのほうがたまっているので何も考えず寝てまうかも。
1泊63000円の雪月花という場所・・・楽しみだ。不安なのがかなり広い部屋なので使いきれないかも。

いい話持って帰ってこれたらいいけど・・・。
味しめてもう帰ってこなかったりして・・・
                                   jun
[PR]
by nisimu-f | 2007-05-05 21:48